BUSINESS OUTLINE

BUSINESS OUTLINE

事業概要

BUSINESS OUTLINE

リベルタはセルフ販売時代の商品企画会社です

1.商品企画(企画編集)
継続的に独自のヒット商品を生み出す仕組みや「ヒットの芽」をもとに、
業界やジャンルにとらわれることなく
様々な商品を企画する「ファブレスメーカー」として、
開発は優れた専門製造メーカーに協同(委託)開発
また、価値ある埋もれた他企業商品(素材・技術含む)についても
企画や価値を再編集し、マーケティングパートナーとして
ヒット商品へ導く事業を行っています
2.流通販売
1)で企画した商品の販売に関しては、国内の様々なジャンルを取り扱う
大手小売りチェーンストア法人との取引や、大手問屋との直接取引を実現
さらに、国内のみならず海外60か国以上への輸出を行っています
セルフ販売の時代に適したノウハウで
「欲しい!」と思える商品(価値)作りを
行っています
接客を行いモノを売る時代は終わり、
説明が必要な商品は店頭で売れない時代(価格訴求の時代)。
リベルタは、時代に合わせ接客や説明をしなくても
「欲しい!」と思える商品(価値)作りを行っています。
小売業界の効率の追求により、生活者が物を購入する流れが大きく変化しました。その最も大きな現象が「セルフ販売」です。販売員がお客様の目的や用途をお伺いし、提案やお勧めする接客形態は無くなり、百貨店からコンビニ、更には通販までもが、お客様自ら商品を探し、商品の購入を判断して自身でレジまで持っていく。その間、なんら商品説明はなく、他の商品とどちらが良いのかの判断もお客様任せになりました。この大きな変化に対応するためには、メーカー自らがお客様に選んでいただく商品を作り出す必要があるのです。
リベルタは価値を所有しながらも
困っている企業や人と共に「欲しい!」を
一緒に作っていく会社です
「欲しい!」がないとモノは売れない。
でも売れずに困っている企業が多いのが実情。
必需品はモノ自体に価値があり、
必欲品はモノを使う理由にこそ価値があると考えています。
売れずに困っている企業は「買ってほしいもの」をつくり、ヒット商品を生み出す企業は「欲しいもの」をつくります。売れない状態では、販路開拓もできず、営業の生産性も悪い状態へとどんどん悪循環に陥ります。
しかし、それでも人は常に「欲しい!」を探しています。